カプチーノ
~苦いだけじゃ未だ バランスが取れない~

プロフィール

夜風 よふ

Author:夜風 よふ
こんばんは。
夜風よふと申します。

ここは、私よふがマイペースに運営する囲碁サイトです。
初級者や級位者向けの囲碁の本がないなと思ったのが、このサイトを作ったキッカケです。なので、文章を書くときは「級位者にわかりやすく」を心がけてます。

仕事が忙しいのでマイペース更新になりますが、宜しくお願いします。


なお、相互リンク歓迎です。
yohu_blue_sky_15★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)まで、お気軽にメールください。
また、当サイト中に載せている文章を転載したいという奇特な方がいらっしゃったら上記アドレスに連絡ください。


宜しくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9/23 研究会対局(2)

黒 たきぽりさん
白 よふ








持ち時間は20分秒読みなし。
早碁でした。

2人で打つと、必ずこういう形になります。
よふ:地
たきぽりさん:厚み
という展開。


白14の三々、良い子は真似しちゃいけません。
通常ならば、右下の定石と凝り形(効率の悪い形)で怒られる形。

しかし、凝ってるとはいえ30目の白地の魅力には抗えません(病気)。

黒31は、じっと32にオサエ打たれてたほうがイヤでした。
実戦だと、なんだかサバキ形っぽので。

白46には左上を生きてるくらいでしょうか。
しかし、思わずシノギに身体が動いちゃうんですよね……。

白50で、さらに手抜き。
まさにマゾ全開ですね(笑)。
いつもこういう棋風です。

黒51からは当然の追求。


黒73に、ドライに捨てました。
我ながら好判断だったと思います。
だって、ここは黒が2手くらいかけた所だしね。

勢い黒は5子を取り、白76で中央の攻守逆転。
これは優勢かなって感じでした。

白80手筋。
成算はないですが、早碁なのでバシバシ行きます。


黒93は手筋返し。
しかし、白94からで不発だったような?
良くわかりませんが……。

白106までで普通はやってるんでしょうが、4子取られてちょっとムカついてました。どんだけ地が好きなんだと(笑)。


黒115・117は見事なサバキですね。
流石、強いです(当たり前か……)。

白140が1つのターニングポイント。
これで、上辺を手にされなければ白良しです。
……というより、上辺に手入れしてたら白悪いので放置したというだけですが(笑)。


せっかくなので、局後検討の結果を詰碁風に紹介していきます。
問題としては「黒先結果如何」。




  《失敗図1》









まず、黒は右の2子と普通に攻め合いするとどうなるか。
結論から言えば、ここは白が勝てる前提。

  《失敗図1・参考》











とは言うものの、無造作にアタリを打つと2子は取れますが一発昇天。
正しくは・・・。









オサエが正着。
これでどう打っても攻め合い勝ちです。

初手アタリを打つと、生きが確定するようです。



《正解図(1)》












まず、黒はハネを打つ一手。

ここが急所です。

・・・とは言っても、これを常識的に打てるのは、高段者の中でも県代表クラスに限られそう。



  《失敗図2》











1子を取る安全策は、かえって死去を早めます。
白は尻尾をもぎ取られても負ける関係上、黒8に手抜きは不可能。

丸ごと死んでしまいました。

  《正解図(2)》












ということで、最強の抵抗をするしかありません。
















ここで、黒はツギ。

要するに、ここでナカデで殺そうという意志です。



ここからは失敗図ラッシュ。

管理人の脳内に浮かんだ図を羅列します。





  《失敗図3》











まず、左側をツギ打つのは2子取られて死亡。

ヨミから排除。

  《失敗図4》











コスミも全滅ルートです。
見事にオイオトシ。
  《失敗図5》











1子を捨てて丸取りを狙っても、上との攻め合いが負けてしまうジレンマ。

意外と手数が短いのです。
これもアウト。

  《失敗図6》











実は、対局中はツケが最初に浮かんだ手でした。
黒のダメを詰めているので、両方とも攻め合いに負ける心配はありません。









しかし、1子を捨ててしまうと脱出されてしまいます。










1子をツギ打つと、華麗な手順で攻め合い1手負け。
最初のツケが、見事に裏目に出てる格好。


さて、万策尽きたように見えますが・・・。

  《正解図(3)》










ツギなら粘れると踏みました。

というか、これしか助かりそうな手がない。

《正解図変化》









第一の追求はツケ。
場所を狭めてナカデにしようという方策です。

しかし、コレに対しては妙手があり・・・。









それが、ツギ。
これですべて生きてるという綱渡りな形。












さらさらっと打ってますが白6なんかは相当な妙手です。
これ以外では死んでしまうので・・・。
(6で8にハネを打つと、6に打たれて花六(6目ナカデ)で死にます)



  《正解図変化 総括》









ここまで最初から見通せたら、プロ級です。
自分も打ちながら読むのが精一杯でした・・・。

さて、敵もさるもの(というか日本チャンプですし)。

実戦はどうなったかというと・・・。
  《正解図(4)》










1子をキリトリ。
ここで悩ましい状況に。



  《失敗図変化2》









アタリを打つと、ツケで脱出。

  《失敗図変化3》










ダメを詰めなければ、攻め合い負け。

  《失敗図変化4》









ツケ打つと、犠牲がたたって攻め合い負け。

さて、これを打開する白の手段は・・・。

  《正解図(5)》










グズミが絶妙手。
これで、白の生きはほぼ確定。

一通りの変化で、攻め合い勝ちかつワタリを止めてます。
黒にも抵抗はあって・・・。

  《正解図(6)》










黒9・11・13が絶妙手。



これで黒は不利ながらコウになります。
白14以降、白は毎回コウを取り黒にコウ材を打たせます。

コウ争いを省略すると、以下こういう手順で決着。
しかし、この形だと黒は6回コウ材を打たなければならない計算なので、かなり白有利でしょう。

  《正解図総括》 結果;白の有利なコウ











というわけで、実戦図は……。








ここで白の時間切れ勝ちになりました。

それにしても、ハードな対局でした……。
毎度のコトながら、研究会は勉強になりますね。


ここまで長文を読んでいただき、ありがとうございました。
というか、級位者の方々置いてけぼりでごめんなさい。
高段者には面白かったかと思いますが……。
スポンサーサイト

9/23 研究会対局(1)

白 Ⅰ田さん
黒 よふ








最近、全然打ててません。
なんか読めないー。

とはいえ、I田さんとは棋風の相性がいいので打ってて楽しいです。
I田さんは厚み派なので、きっと向こうも気持ちよく打ってることでしょう(笑)。


んー。
早碁なので、細かいヨセは違いそう。
ごめんなさい。

流れ的には、序盤で潰れました。
で、最後まで負けてると思ってた。


でも、結果は黒6目半勝ち。
どこで良くなったのか不明。
……うーん。

個人的には245がイイ手。
相手の不利な万年コウに持ちこみ、地に手入れを強いてるので(笑)。

協和発酵杯 東京大会(4)。







123手以下略
黒半目勝ち


決勝譜です。

またも黒オオゲイマガカリは好みの布石。
最近、お気に入りなんです。

白22の打ち込みは変な気がする……。
だって、ここ小さいし。

実際、黒27に打つ手が無い。
(定型通りに打つと、白22・24と黒23・25の交換がやけに良くなる)

黒37までは白酷いでしょう。
この折衝で相当に良くしました。

……が、こういう「厚みで優勢」なのは、よふの最も苦手なパターン。
いつも相手の厚みを紙切れにして生活してるので、自分の厚みが信用できないんですよね(苦笑)。

ということで、油断ならないと思ってました。


実際、堅く堅く打って123までで形勢不明になってます。
誰か厚みのうまい使い方教えてください(泣)。

まぁ、なんとかかんとかヨセきって半目勝ち。
無事に優勝しました☆


魔法発動しまくりで内容激悪だったけど、無事に結果が出せて良かったです(笑)。

協和発酵杯 東京大会(3)。

黒 よふ
白 O本








O本さんとは対局は確か初めて。
(ペア碁では当たってますが……。)

白は大高目2つの変則布石。
昔、自分も変則布石使いだったので相手が嫌な着手はわかります(笑)。

5・7・9のコンビネーションは、級位者の人も憶えておいて損は無いかも。
本では、黒7でE-15にコスミ出る図しかでてませんが、それだと白にC-17に入られて大甘。互先だと勝てる気配がしません。
それに引き換え、この図では厚みこそ白に譲ったものの黒は10目の地をきっちり確保してます。よふ好み。

あと、このワカレのいいところはスベリの方向を黒が選べること(逆側にサガリを打っても、白はトビ打つくらいなので)。白4で左辺を重視してるので、白の左辺の価値を減らすべく、実戦ではこちらにサガリ打ちました。


白16に構えても、どこか中途半端。
上から打たれても、地合が足りない感じ。

白18の変則ヒラキにも、ノータイムで黒19の変則カカリ。ここでヒラキ打ててしまえば、優勢な感触でした。白4の手が悪手になっています(普通であれば、白の三々に対して黒19にカカリ打たれたら白D-5ケイマにヒラキを打つため)。

白22にには黒23両ノゾキが予定の反撃。
これで、白は打つ手がありません。
(下をツギ打つと上がちぎられ、右をツギ打つとC-13のハネダシ打たれたときに22・23の交換が酷いことになるので……。)


白34までのワカレは、白が1手多い隅とは思えぬほど。
ただ、欲を言えばG-15からぐいぐいぐいっとオシ打ってからN-3の大場に回れば最高でした。

しかし、ここまでは大優勢。


……直後、黒37は結果的にやり過ぎの大悪手。
ぐっちゃらぐっちゃら闘ってるうちに、隅の9子を助けようがなくなってます。酷すぎ。

幻惑するべく黒83(白64逃げ出しのシチョウアタリ)と打つも、冷静に取られてあっちゃー。

残る望みは右辺の黒っぽい場所のみ。

白106は愚形でもH-9にマガリ打ってたほうが確実。
ここを連絡させなければ、上辺と左辺を生きる間に大場を何箇所か打つことが出来て、右辺に地はつかないでしょう。

ここを連絡できて少し挽回。
しかし、右辺をフルに囲わないと足りない。

白112~116は、白勝ちました宣言。
実際、白118打ち込みに回られて、この石を無事に帰したら20目以上悪いという形勢に。


仕方が無いので、魔法発動☆
黒119からひたすらトリカケという凶手を放ちました。

白126は悪手っぽい。
なければ、白P-6が隅に微妙に利いてるところなので相当苦しかったはず。

白140が敗着。
隅は既に生きてますし、黒はもちろん反撃します。
黒141で切断&抹殺手段を残しつつ、143で急所を突く。
これで部分的にしか生きる術が無く、勝ちにしたと思いました。

あとは、殺戮ショー(笑)。
中央の白20子が白骨化。
下辺の6子も仮死状態(白から打ってコウ)。

なんとか魔法を駆使して倒せましたが、残り時間5分からブッ殺すのは相当しんどかった……。

協和発酵杯 東京大会(2)。

<三回戦>
黒 よふ
白 K畑








黒中押し勝ち


この大会、一番の強敵だったかなぁ。

通算成績は3勝2敗ですが、直近は2連敗。
(しかも協和発酵(春)はともかく鳳凰杯全国は痛い)
まさかリベンジの機会がここまで早く訪れるとは。


しかし、よふの最もニガテな棋風なんですよね。
闘わないし冷静にヨセてくるし。

とりあえず、盤面をカオスにしてやろうって決めてました。
(いつもとか言うなwww)


白8のツケは彼の愛用布石。
好きなのかな。
ただ、白18の二間トビはバランスがわからない。
実際、黒25にくつろがれて、良いとは思えないなぁ。

黒27は緩着かも。
右下隅にシマリ打ってたほうが好みだったな。

右下隅の攻防は、47が好手で一本取ったんじゃないか?
ただ、トリ決めたあと53では下辺H-3にツメ打つべきでした。

勢い、フリカワリになったけど一瞬の隙を冷静に突いてくるあたり、流石。


頭が悪いよふはまたも地を稼ぐ。
しかし、これは流石に良くなかった……。
白68に煽られては調子悪そう。

白78の打ち込みは当然。
ここって軽く捨てるもんですか??

……全力で闘ったらボロボロになったので、きっと捨てが正解なんでしょうね。地合は負けてないだろうしなぁ。
どうも、こういうとこで冷静になれないのが悪い癖。

87・89のコウ材は自分でも良くわかりませんでした。
どっちか死んでくれればというアブナイ感じ。

結果論で言えば、黒97でM-13にトビ打ってれば安全だったような気が。o-14のブツカリで右辺凌げると勝手ヨミしたからいけないんだけど。

白114は好手。というか当然。
これで完全に参りました。

ただ、常人なら11でN-14に出を打って2子捨ててシメツケて、ヨセ勝負に持ってくんだろうなぁ。
白が全体的に厚ぼったく、ヨセに自信がなかったので全面戦争に。
しかし、成算のない闘いです……。
実際、122までの場面ではどちらが被告かわからない状況ですから。しかも、下辺打ち込み残ったし。

盤面で5目は悪い感じでしょうか。
厚みを含めれば、もうちょい悪そう。

残り時間は、よふが6分で相手は30分。
……対局者の苦労がしのばれるってもんでしょう。
時間に任せて誤魔化すのも不可能。


ここで、魔法発動☆
125と必死のトリカケです。
本気でトリに行ってます。

のっぴきならない闘いですが、経験上、こういう場面ならなんとかなる気がしてます。
実際、141にツケて3子を脱出させたあたりでは局面紛れてます。厚みが無効化してるので……。

しかも、黒149・151の妙手発見。
これで白を先手で切断し、脱出成功。
これでKOかと思われたんですが……。

なお、白162キリは大失着。
実戦通りに打ったとき、69・77の2子が取れなくなってます。すなわち、黒はそのまま生きてるということ。

白170・172・174が当然ながら良い粘り。
コレで白も生きを確保です。ただ、164・165の交換が酷そう。
お陰で、181・183のコンボで上辺が死去。
これで一気に逆転です。

実際、コウはコウなんですけどドサクサに中央の生きが確定したりコウ材で下辺の地が確定したり。結果的には、このコウ争いが勝因になったようです。

後は延々とコウ争い。
時間は残り3分でしたが、コウだけなのでほぼノータイムで打てて、案外冷静でした。

うざったいので白254に無視してコウ解消。
これでコウ材どっか打てば勝てると計算してました。
ということで、左下隅のハネツギをコウ材に。

白262は無コウ。
解消して、下辺を生きてゲームセット。


またもMP消費しまくり。
超疲れました……。

協和発酵杯 東京大会(1)。

9/9(日)に、協和発酵杯の東京大会が行われました。
段級位別に予選および全国大会があるというユニークな大会。

……しかし、スポンサーの撤退により東京大会はこれが最後。
悲しい限りです。


この大会とは相性が良く、出場した4年のうち3回全国出場してます。
最後の予選には期するものもありました。

ということで、棋譜を交えて観戦記を書きます。



<一回戦>
序盤から中盤で60目程度のリードを築く。
そこで油断したのか、40目損して肝を冷やす。

勝ちはしましたが。
先が思いやられる、前途多難のスタート……。


<二回戦>

黒 O倉
白 よふ








229手完
白時間切れ勝ち

O倉さんは千葉県の強豪です。
というか、確かケーブルテレビ杯と鳳凰杯とで2回当たったことあるような……。


白14のオオゲイマガカリはマイブーム。
白18のトビ形は愛用。

白30は考え過ぎた悪手。
打たないと黒37で38に打たれて、白30のアテに利かずに、D-2の切りから隅を取られて悪いというヨミだったんですが……。
2本ハイを打たないと取れない上、地は小さく、しかも外の5子がボロボロになるので打つはずもなく。

そうすると、黒37キリコミ(当たり前とは言え好手)に打たれたときに、30と31の交換が大悪手になってます。
ちなみに、妥協せずB-5に取ると今度こそD-2からキリ→アテ→隅A-2にハネで隅が大崩壊。


……てな訳で、ここでちょっと割食った。
まぁ、12に剣先が伸びてる方向に厚みを張らせたので感触は悪くないと思ってたけど。


白44は打つところがわからなかった。
普通はL-4に打てばバランス良さそう。
でも、黒J-3にツメ打たれてムカツク異常感覚の持ち主なので低くヒラキ。良い子は真似しちゃいけません。
中央が厚くなる碁にならないというヨミも多少あっての選択だったんですが……。


黒53は通常では悪手っぽいんですが、この際は好手だったみたい。
厚みに押し付けてる動き?

白60は当然の反発(多分)。
黒61は気合。

黒65は打たないと、色々とあって下辺が破れます。

白78は横暴っぽい。
79で黒N-14に反発されたらしんどかった。
劫材は圧倒的に黒が多いので。

白92はF-11にハネ打ちたかったけど、F-12に反発されてハネた1子を取りにこられたときに白の大石が生きる自信が無かったので自重。でも、後で聞いたら読んですらなかったorz。

ということで、ひよって104・106と小さい手を連打。
その間に黒は模様完成……でかいー!!


盤面で40目くらい悪いので、魔法発動☆
白110の打ち込みからツケのコンビネーション。
我ながらいやらしい。

……相手は妥協して脱出させてくれた。
普通は模様の一角を破って良くなりそうなものなのに、まだ全然悪くてビックリ。相手は相当冷静ですね。

結局、最大のヨセ黒119に回られて未だ大差。
感触は20目くらいの劣勢。
(数える時間がもったいなかったので細かく数えてません。)


黒131・133は悪手っぽい。
ここを頑張る理由はないよなぁ。
黒143も、別にK-7にノビ打って良さそうなモノ。
それでも盤面10目は堅そうな形勢。

白148でコウにできて、ちょっと希望が出てきたかな。
やはり形勢悪いときにはコウ仕掛けに限る。

結局、ドサクサに先手で抜いて目下最大の下辺に回る。
ただ、白170はF-2じゃなくてE-2の方が得ですね。


なお、この時点で2人とも持ち時間残り1分切ってます。
(よふはヨセ前に5分切ってましたが……)


大ヨセ3ヶ所打たれて、黒189に打たれて。
しかも197の巨大逆ヨセ(打っとけば2子トリが残る)を打たれて、盤面10目くらい悪そう。ヨセ弱いなぁ……。

あとは、中央を手にするしかないって思ってました。

相手のダメヅメ(205・206の交換)を待って216にキリ。
コウにしつつ味悪にしつつ手をつける。
またも魔法発動☆

最後、相手の時間が切れて終局。
が、アテハネマクリからシメツケくらいならないかなって読んでました。
時間があれば、シメツケにはなってたようです。
それで一応差しきれる形勢だったような……?

いずれにせよ、なかなか疲れる勝利。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。