カプチーノ
~苦いだけじゃ未だ バランスが取れない~

プロフィール

夜風 よふ

Author:夜風 よふ
こんばんは。
夜風よふと申します。

ここは、私よふがマイペースに運営する囲碁サイトです。
初級者や級位者向けの囲碁の本がないなと思ったのが、このサイトを作ったキッカケです。なので、文章を書くときは「級位者にわかりやすく」を心がけてます。

仕事が忙しいのでマイペース更新になりますが、宜しくお願いします。


なお、相互リンク歓迎です。
yohu_blue_sky_15★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)まで、お気軽にメールください。
また、当サイト中に載せている文章を転載したいという奇特な方がいらっしゃったら上記アドレスに連絡ください。


宜しくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1日7更新

どうみても史上最多ですね(笑)。
mixi日記と連動して、大会の棋譜を掲載しましたっ。
スポンサーサイト

アジア選手権 熱戦譜(指導碁)

韓国のプロ九段(名前忘れました)に多面打ちしていただいた指導碁です。
勝率が良く、強い棋士だそうなので楽しみでした♪

白 九段
黒 よふ








我ながら上手く打ててたと思います。
ちょっと堅かった気もしますが。

個人的に好きなのは黒77や黒113のような手。
明らかに、某たき○○さんの影響でしょう(笑)。

この後、浮いてる白石を攻め立てて中央を破壊してゲームセット。



アジア選手権 熱戦譜(4)

本戦最終局。

白 中国
黒 日本









いやはや、決勝とは思えない一方的な序盤でした。
というか中国は強かった……。

黒17はハネダシの予定だったんですが、Kちゃんに教えてなかった自分の不徳の致す所。
黒21も今見ればq-5にノゾキ打つ位ですかね。
三々は小さそうだ。

白28までで、早くもコミ出しが難しい形勢。
ただし、ペア碁は先述の通り「20目ワンチャンス」が合言葉。
まだまだ頑張れる気でいました。

黒29が緩着でしたねぇ。
白30があまりにもピッタリですが、守る気にもなれず。
やはり、我々は布石が課題なのかもしれません。


黒37はb-11で生きて欲しかったです。
周りに迷惑をかけずに生きれば、まだまだこれからの碁でした。
実戦は回りに影響しまくり。
これは地も厚みもない、と慌てた瞬間でした。
黒49までは酷い展開。

仕方なく黒51でも反抗期な手を打ちましたが、冷静に考えれば29を生かすべくq-17に打つくらいなんでしょうか。
……いかんせん、そのままだとジリ貧になりそう。
考え過ぎ??


やはりエグリは大きいですね。
1隅が白地化。

ここで、r-12かr-13に打ち込みなら良かったんですが。
Kちゃんの着手は、なんとも激しい黒57。
うーん、黒の右上隅が生きるか心配になってきました。

もちろん、中国ペアが見逃すわけもなく。
あえなく黒は姿焼きに……orz。


仕方なく、右下隅を取りに行きました。
ただ、ココ取れても悪いんですよね実は。
ということで、白78は頭悪そう。
白80も……。
持ち込んだら逆転の可能性が出てくるので、嬉しい展開でした。

ただ、黒81が素直すぎ。
82から本気の取りかけに位って欲しかったところです。
n-6のハネが利いては殺すのは困難。
ただし、黒89は大悪手。
一応、他に打ってればコウくらいにはなってたような……。


ここを生きられて一気に30目以上に差が広がりました。
マジやばいです。

ということで、白100の勝利宣言を見て、必死の急襲。
どちらか殺さなきゃ勝てないので、そのつもりでいました(笑)。

白112のデはやり過ぎですね。
ここまでしなくても勝てるでしょう。

白114に突きぬき打たれても、左辺黒は既に生きてるのが自慢。
そんな間に、なにやら左下隅が怪しいことに。
ここを抹殺できれば、形勢は相当に接近しますよ?

しかし、そこは流石に中国。
きっちり2眼生きを確保してきました。
……しかし、どさくさに紛れて白の7子を取る。
これで、俄然ヤル気になりました(笑)。


白150もやりすぎでしょう。
チャンスをくれてます。
ただ、黒はf-14とe-14の交換をどこかで決めたかった。
あいにく、姿焼きの時点で30秒の秒読みだったので打ちきれず。

白156は冷静でしたね。
ここ黒が打てれば、左辺抹殺でまさかの逆転もありえる形。

157~161は俗っぽい打ち方でしたね。
単に黒163にツケ打つんでした。
まぁ、秒読みだとキツイ。

一応、中央の黒はコウ。
ただし、白も負けると左辺を抹殺されるので油断できません。

石が死んでるとコウ材がたくさんあるものですね。
個人的には199のコウ材が秀逸だと思います(笑)。

白208は勝着ですね。
泥仕合に終止符を打つ、冷静な着手。


結局、連絡を許してしまい中央の黒は死んでしまいました。
ここで投了。

個人的には、序盤の不出来が悔やまれますね。
中盤は見せ場作ったと思いますが……。



3勝1敗の結果、中国・韓国に次ぐ3位に終わりました。

アジア選手権 熱戦譜(3)

3回戦の相手は香港。
自分と(多分)同年代の好青年と、きゃるきゃるしてる可愛い女の子のペア。
女の子は11歳だそうです。若い!!
物怖じしない性格で、周りの選手ともすぐに仲良くなってました。
天真爛漫ってああいうことを言うんだなぁ(笑)。


白 日本
黒 香港









なんと、この大会唯一の白番でした。
Kちゃん、握り強いなぁ(笑)。
(注:よふは握りが超)

白8は穏やかさを求めたもの。
白10は自分だったら二間(r-13)ですが、もちろんカカリもあり。
というのも、黒15にトビ打たれたときの反応が解らない。
黒11の処し方に困る……。

とりあえず、甘め厚めに打っときました。
どうせ2人の棋風だと闘って勝たなきゃならないので(笑)。

黒19のケイマガカリには手抜きが個人的マイブーム。
ハサミだと定石が煩雑になるから、それを避ける意味合い。

白26はKちゃんの好手。
そういえば、代々木研究会の検討で出てきた手ですね。

黒31は若干遅いんじゃないでしょうか。
白、右辺は1子取るのに7手かけてる超強い部分ですから……。
流石に、マガリにノビを期待して打たれても困ります。
白32ケイマで、機敏に上辺の1子を制す。
ここらへんで打ちやすくなったかなって思ってました。

しかし、ペア碁は20目のリードも1チャンスで逆転する競技。
(逆もまた真なり)
つまり、油断は禁物ということ。


黒33は悪手でしょう。
例えば、打たなければk-18のコスミがうるさいんです。
(マニアックな話で申し訳ない……)
外側に残る手段も全然違います。

まぁ、ペア碁の場合「手を相方に渡す」ということもあるので一概に言えませんが……。


黒35は当然の攻撃でしょう。
31と関連してます。
白は内側からハネるくらい。

黒37は悪手。
天真爛漫少女、冴えてません。
明らかに持ち込んでしまいました。

白44の打ち込みで、ココが生きてしまいさえすれば勝勢確定。
白50はr-3にオキで様子を見て欲しかったなぁ。
まぁ、ノビも立派な1手ですけれど。

あと、白58のツケはもったいなかったですね。
o-2にサガリを打つ手が良く、右下隅の荒らしとl-3の打ち込みが見合いで、白は楽に生きられます。

黒63は良い守り。
ちなみに、手抜くとr-3にオキ打たれて崩壊です。

白66のオシは案外良くなかったです。
ハネがピッタリですから。

黒69は悪手ですね。
オサエられてn-3に先手一眼、中央はキリ打てば1眼確定で生き形でした。
ただ、白70で気圧されましたね……。
これくらいは致し方ないです。

黒73はありがたかったですね。
ここで10目取られても、中央で生きれば地合では少し良いと思っていたので。
むしろ、l-7に直切りされる方が怖かったです。
中央が厚い上に、白の生きがなくなるのがキツイ。

白76にツギ打って一安心。


白84・86は良いコンビネーションかと。
これで眼形が厚いです。

1人で打ってたら、間違いなく92を打たずに94に打ち込んでます。
ただ、ここがキリ残りだとペア碁では危険との判断。

実際、白92は悪手です。
94に対して黒j-5マガリノゾキ(?)に打つのが上手く、白j-6にツギを打たせて黒g-4にコスミ打てば難しい感じ。
この形になったときに、既に連絡しているところをツギ打ってる白92・黒93の交換が超絶に酷くなるという仕組み。
なければ、白j-10ツケが手筋ですから……。

……複雑な話してすみません。
級位者の方は理解できなくて全然大丈夫です。


黒95に受けてくれてホッと一息っ。
白98まで先手のエグリが大きく、また白が少し良くなりました。
右下のミスが帳消しにできた感じ??

黒103が失着。
もちろんd-8からアテ打って、1子は捨てる一手です。
そうしとけば盤面勝負くらいの形勢かな。
多分、白いいだろうけど危ない差です。

白106が当たり前ながら絶好手。
116までで、地合のバランスが崩れました。
多分、盤面10目くらい良くなったんでしょうか。
あとは、下辺から伸びる白の大石を生きれば勝利目前。

それは黒も承知で、黒129と殺しに来ました。
白132は安全策。
本気で抹殺しにきてからだと、133にツギ打たずにぶっ殺しに来る可能性があったので早めに決めたかった。

白134が非常に大きい!!
(まぁ、黒127と見合いの着手ですが)
ガッチリ1子取りきり、これで地合の差は不動です。

白140も安全策。
というか、殺されないようにガクブルしながら打ってました(笑)。
先ほどの132もあって、喩え切断されても生きることが可能に。


後は安全にヨセを打ってみただけですね。
黒149・189の悪手によって、少し差が開きました。
最後は盤面20目ほど良かったです。

3連勝にて、最終局に臨みます。

アジア選手権 熱戦譜(2)

本戦2局目です。

白 フィリピン
黒 日本








1局目の反省が生きて、安全に完勝の内容でした。
しかし、フィリピンの男性は囲碁を始めて3ヶ月。
女性は囲碁を始めて3週間。
で、ここまで強いとは……。
半端じゃない将来性を感じます。

男性の人が「フィリピンは初めて国際戦に出たんだ。今はまだ弱いけど、来年までにはもっと強くなって帰ってくるよ!」と、きらきらした眼で言ってたのが印象的でした。
向上心が凄いなぁ……。

一応、手の解説。
白16は多分要らないですね。
17にカカリ打てば普通。

白26は悪手ですね。
ヒラキくらい打てば普通でしょうか。

黒31は疑問手。
やはり32にトビ打つのが本線でしょうね。

それを咎めた白32ボウシは絶妙手!!
というか、ここの交換は白の方が強そうです。
誰だよ、黒31とか打ったの……。
(自分です)


白34は打ち過ぎだったか。
そこまでせずとも、ハネノビ・ブツカリノビの交換を打った後、q-10にコスミ出せば黒は反応に困りそう。

黒45は、43を打つときにどっちに打つか最後まで迷った手。
Kちゃんが見事に意志を汲み取ってくれました(笑)。
いやはや、こういう所が相性良いんでしょうね~。


結局、手堅く打って勝利。

アジア選手権 熱戦譜(1)

本戦1回戦です。

白 ベトナム
黒 日本









ペア碁は黒番女性→白番女性→黒番男性→白番男性とう順番でローテーションします。
ということで、手順を4で割って
余り1:黒番女性
余り2:白番女性
余り3:黒番男性
余り0:白番男性
ということになります。
ただし、手順錯誤がなかったらという前提です(笑)。


さて。
この碁は記憶から削除したいくらい酷い内容でした。

黒17のトビが酷く、取り返すべく打った黒19が大暴走。
当たり前ながら、割られて超苦しい形勢に。


この後、下辺も割られ、両方の黒石が殺されかけました。
というか、9割方死んでました。
なんとか割った石を切断して撲殺したので助かりましたが。
いやはや、心臓が何度か止まりましたよ……。


ということで、辛くも勝利。
相手は2級とか言ってたけど絶対嘘だ!!

アジア選手権 熱戦譜(0)

飛行機の中で打った碁です。


白 よふ
黒 品田K(先)









右下隅のワカレはどうなんでしょうか。
ちょっと白やられた感もありますが……。

黒31はやり過ぎ。
実戦の反撃で、ちょっと黒打つ手なしかと。
白46単アテが手筋で綺麗に取られてます。

白56は緩かったなぁ我ながら。
今打つなら、d-2にトビサガリそう。
白60はつらいけど致し方なし。
e-3からの突き抜きは、上を切られて攻め合いに勝てません。

黒65は誰の影響でしょうか。
こういう所、波長が合うんですよねー。
変態なツケ、大好きですよ(笑)。
ただ、打つならc-13の打ち込みが普通かな。

白74が大人気なし。
普通に放っといてk-16あたりで消しに行けばぼちぼちだったかな。

白102は暴走。
取られて完全に持ちこみ、ここで形勢を悪くしました。

左辺の黒の生きは見事。
ただ、白も148で2子取れれば不満ありません。

黒149からのコウ仕掛けは危険。
黒からのコウ材はほとんどありません。
と思ったら、白162の妥協は多分敗着。
粘る1手でしょう!!
これでは地合が良くないです。

投了図では盤面10目弱悪そう。
ただ、白208では209にオキ打ってれば最後のチャンスだったかな。


Kちゃんは3ヶ月ぶりの囲碁だというのに、強さを存分に発揮してました。
とりあえず一安心っ。

日本代表

来る6/15~6/19に韓国で開催される「第1回アジア選手権」。
その日本代表に選ばれました。

……って普通に書いてますが、結構凄いことだと思います(笑)。
自分も話来たときビックリしましたもの。



男性部門・女性部門・ペア碁部門とあって。
自分はペア碁部門で出ます。
(ペア碁:テニスで言うところの混合ダブルス)
相方は昨年も組んだ品田Kちゃん。

前回はハンデ戦だったので、互先で打つのは初めて。
そして、国際試合も勿論初です。


始めて尽くしの大会、本当に楽しみです!
ということで、明日から韓国行ってきます。

良い報告ができるよう、精一杯頑張ります。

指導碁。

久し振りの更新です。
日記っつか月記と化してますね。
季記にならないといいけど……。


今日は学校近くの碁会所が開設1周年。
ということで、プロ棋士の指導碁イベントがありました。
いらしていたのはK井五段。


せっかくなので、感想つらつら書いてみます。

白 K井五段
黒 夜風よふ(2子)










白7のケイマは流行りみたいですね。
どうも自分にはヌルくて打てないんですけど。

K井先生には白不満なしって言われたけどほんまかいな。
むしろスソアキにツメてる白石が微妙な気がする。
上辺ったって、ツメあるからそんな威張れないし。

個人的には黒持ちでした。


黒18の受けが消極的でしたか。
ハサミ打つんかなぁ。

黒23、個人的には渋くて好きです(笑)。
黒25が悪かったのか。
高くハサミだったんですね。

しかし、カケられてデギリ打って悪くなるとか解せないよー。
周りこれだけ黒強いのに。
白53でn-2にキリ打たれてたらツブレ形でした。
黒はヒキくらいかな、と読んでた。
先手1子取られて激しく萎え……。
(級位者置いてけぼりな話で申し訳ないっす)


しかし、白56は目を覆う悪手。
プロなら打っちゃいけないでしょう。
だって、この手で白51・黒52の交換が悪手化してますから。
(これを打たなければp-4のコスミが利く場面)
これで打ちやすくなったかと思いました。

感想戦で上述のキリ読めてないとか、かなりビックリ。
多面打ちだとは言え、それは如何だろう……。


白59・61・63のコンビネーションも意味不明。
単にハネ打ったほうが困るだろうにね黒。
それでもオサエくらいかと思ってたよ。

白70も悪手!
(これは先生も自ら言ってた)
k-6のキリが残ってる場面で、こんな淑やかな手はどうなんでしょ。

ま、中央を如何シノいで地を削れば勝てるかという勝負。
でも、全部囲われてもギリギリ残ってるので楽な形勢でしたね。
なにより、右下隅の地がでかい!


白85のツギも悪手でしょう。
k-9のキキを残す意味がなく、トリ打つ一手!
ここに喰らいついていかないと地が足りないでしょう。

ということで、かなり楽しましたね。
黒86・88のツケハネがクリーンヒット!!
黒98・100からのシボリも快感。
というか、プロですよね白……。


白113はc-2のオキの方が嫌でした。
細かくは書きませんが中で生きる手があるので、地合が急接近するんですね。ということで、左下隅の黒地は0って目算してました。

それが10目できたので、左上隅は目2つで生きれば勝利決定。
読みきりの生きで勝負を決めました。



うーん。
言っちゃ悪いとは全然思いませんが、たきぽりさんの方が強かったです。
多面打ちの影響は、もちろん考慮しなければなりませんが。
それにしても、相手の読んでない場所で無駄にビクビクしてた感じが嫌でした。


まぁ、自らの課題も色々と見つかったので有意義な対局でした!!
次は収穫祭でK田九段と打つのが楽しみです(笑)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。